スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

【名勝 依水園・寧楽美術館】「まちの魅力・水門町から奈良きたまちへ」

依水園の所在地・水門町は、写真家・入江泰吉も暮らし、愛した町です。水門町という 地名は鎌倉時代からあるといい、依水園とともに水とゆかりがあります。そんな地名の いわれとともに戒壇院、西塔跡、西大門跡など、まちの魅力をたっぷりお話いただきます。

日 時:  平成26年5月17日(土)13:30~15:00
場 所:  名勝依水園 藤の間
演 題:  「まちの魅力・水門町から奈良きたまちへ」
講 師:   倉橋みどり 氏(編集者・NPO法人文化創造アルカ 理事長)

<プロフィール>フリーの編集者・ライターとして、雑誌・新聞などで執筆するほか、NHK文化センターほかで 奈良案内講座の 講師を多数つとめる。地域文化誌『あかい奈良』の元編集長。著書に『祈りの回廊をゆく~奈良町・高畑編』 (飛鳥園)、『北を見るひと』(角川学芸出版)がある。

受講料:   2,000円(庭園・美術館入園、入館料を含む・抹茶付)

定 員:    50名 (申込み先着順)

申込方法:  住所・氏名・年齢 ・電話番号・人数 を明記の上、往復はがき または FAX で お申し込みください。(1回の申込みに付き2名様まで) 5/1(木)に聴講券を発送いたします。

申込先:   〒630-8208 奈良市水門町74  FAX 0742-25-0789
          公益財団法人 名勝 依水園・寧楽美術館「文化講演会」係

主催:    公益財団法人 名勝 依水園・寧楽美術館
          TEL 0742-25-0781 http://www.isuien.or.jp
        寧楽と依水園を愛でる会

後援:     奈良県 教育委員会、奈良市

http://www.isuien.or.jp/news016.html
スポンサーサイト

Tag:店舗情報  Trackback:1 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

寧楽美術館

寧楽美術館は東大寺の西側、依水園という庭園の中にあります。 特徴的な屋根の建物が、寧楽美術館です。 ワタクシが訪れた時は「江戸時代の書画とやきもの」と題する展示がありました。 作品数は多くありませんが、落ち着いて鑑賞できる静かな美術館です。 続いて依水園の方に移動しましょう。 この日は白人グループが多くいました。 奈良の殺人的な暑さに、彼らもびっくりしたのでは... ミュージアムに行きました。 - 2015.08.06 19:50

プロフィール

キタシカ君

Author:キタシカ君
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。